皆さんこんにちは。池袋のクラウド会計に強い税理士倉下です。

いよいよ来月7月から相続された預貯金の仮払制度が開始されます。

現行制度では遺産分割が終了するまでの間は、相続人単独では預貯金債権の払戻しができませんでした。

結果、生活費や葬儀費用の支払や、相続債務の弁済などお金が必要な場合でもあっても、遺産分割が終了するまでは預金の引出しができずにご遺族の負担となっていました。

今回の改正(仮払制度の創設)によって、相続人単独で一定額を限度として使い道を問わずに金融機関の窓口における支払いが可能となります。

引出し可能額の計算は以下のとおり。

相続開始時の預貯金債権の額(口座基準)×法定相続分×1/3

例えば、相続人2人(兄弟)、被相続人はA銀行に合計1,200万円の預貯金債権があり3口座保有、B銀行に300万円預貯金債権があり1口座保有の場合には、引出限度額は次のとおりとなります。

A銀行 1200万円×1/2×1/3=200万円>150万円 ∴150万円

※金融機関ごとに150万円が限度額となる。

B銀行 300万円×1/2×1/3=50万円

口座を複数に分けておく方が、本制度に基づく仮払いを受ける上では有利ということになります。

倉下税理士事務所では初回相談を無料で承っております。お気軽にお問合せ下さいませ。